FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by shuichi on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想と現実

Posted by shuichi on 26.2010 未分類   2 comments   0 trackback
日本選手団の強化合宿(といっても関西勢は経費削減のために帰宅)がこの週末に終わり、強化委員の先生や周りの選手たちからたくさんのアドバイス頂いたことを、ここ数日、自分の中で整理していました。

周りの若い選手たちは、自分には出来ない難しい大技をいとも簡単に決めていきます。
そういう子たちをみると「自分もまだまだ負けられない!」という思いがどこかにあるので、4イリュージョンを振りの中に入れたり、自分の力量以上の内容にもトライしてきました。
しかし現実問題、全日本選手権・ワークショップ・合宿の発表の演技を振り返ると、難しい技に固執して、しかもそれが決まらなくて作品が見えてこない演技が続いている。
それを考えると、自分はどうやら今までのチャレンジばかりではなく、無理なく出来ることをより深めていく作業が必要なんだろうなと思います。
特に今回のようなメッセージ性ある作品でドロップやミスがあると、作品が見えてこない、伝えたいことが伝わらない。
今回の作品をこなすには、技の難易度を落としてでも、自分が自然に演技が出来ることが大事だと思うので、自分の(練習の)方向性を少し変えなければいけない時にきているようです。
同じ目標であっても、それまでの道のりはいくつもあると思います。
マイナスではなく、さらに進化するためだと前向きに考えて、残り2ヶ月しっかり取り組みたいと思います。

スポンサーサイト

自信を持ってください!!
大技も凄いと思いますが 人間には限界があります! 人の心に残るバトンを続けてくださいね!
いつも河津さんのバトンは鳥肌が立つぐらい感動して「又みたいなぁ!」と思います。フィギュアスケートも 高橋大輔さんが出場されるようになってから見る様になりました、どこを写真で写ってても
作品を感じる事が出来ます、これって河津さんにもいえますよね!今年も見れる機会があるか楽しみです。 去年のアランフェスもステキでした!!
2010.06.03 20:03 | URL | バトンOG #oUkHvoQE [edit]
バンクーバー五輪で、4回転にこだわって成功させたけど、演技全体ががたついていたプルシェンコ。同じく、トリプルアクセルにこだわって成功させたけど、イマイチだった浅田真央。それに比べて、無理せずまとまった美しい演技だったキムヨナと、う~ん、名前忘れたけど男子の金メダリスト。河津くんの日記を読んで、このことを思い出しました。

それと、演技って年を増すほど深みが増して、洗練されていくような気がします。何年か前、高橋典子さんが最後に出場した選考会。高橋さんの演技を私は反対側から観ました。技に関しては、若手選手のほうがだいぶ上でしたが、何とも言えないくらい引き付けられる力はやっぱりピカイチで(後ろから見たのに!)、私のなかでは一番でした。
そう、若手に対する年配(笑)の強みは、演技の深み!表現力表現力ってよく言うけど、やっぱ年をとらなきゃ出せないものもあるさ!

あと、河津君には他の人にはない「らしさ」があるよね。らしさを大事にしてくださいね。

とはいっても高度な技は必要だよね。その辺は体にムチ打って、練習して下さいね。って私が言うことじゃないか・・・!

それでは頑張ってください!
2010.06.15 00:02 | URL | みすださんの後輩です #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shu6031.blog62.fc2.com/tb.php/111-9fe60cff

プロフィール

shuichi

Author:shuichi
河津 修一(Shuichi Kawazu)
1985年3月1日生
兵庫県西宮市在住
171cm/65kg
0型
趣味:野球観戦と家電

小学2年生でバトントワリングに出会い、水野啓子バトンスクールに入校する。
H19年3月にびわこ成蹊スポーツ大学を卒業し、現在は水野啓子バトンスクールのスタッフとして活動中。

<全日本選手権>
'06、'07
ソロトワール グランドチャンピオン
'05、'06、'07、'10
ダンストワール グランドチャンピオン
'09
フリー個人グランドチャンピオン

<世界選手権>
金メダル6個
銀メダル2個
銅メダル5個

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。